医薬品としてのトンデケアの効能や効果は?

トンデケアは第3類医薬品で神経痛や筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、眼精疲労、手足のしびれなどの症状を緩和するという効果が認められているんです。

その効能や効果はどうなんでしょうか?調べてみました。

>>関節痛のつらい悩みを解決してくれる医薬品トンデケアの詳細はコチラ

トンデケアの効果や特徴は?

肩こりや腰痛・関節痛などで悩んでいる方多いみたいですね。
なんと男性の約92%が腰痛に、

女性の約83%が肩こりに悩んでいるというのが

調査で明らかになっています。

そういった悩みを何とかしたい!という思いからできた

トンデケアには7つの有効成分が入っており

痛みの緩和をサポートしてくれるんです。
具体的にはどういった成分が入っているのでしょうか?

トンデケアの有効成分

〇ビタミンE コハク酸 エステルカルシウム
血流を促進し肩こりや腰痛を緩和する効果があります。〇ガンマ-オリザノール
自律神経の働きを正常化し、関節の痛みを和らげる効果があり、トンデケアには最大量の10mgが配合されています。

〇シアノコバラミン(ビタミンB12)
末梢神経の機能を正常に保つ効果があり最大量の100mgが配合されています。

〇ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
神経の機能を正常に働かせる効果があり最大量の100mgが配合されています。

〇フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
神経や筋肉の機能を保ち整える効果があり最大量の109.16mgが配合されています。

〇ニコチン酸 アミド(ビタミンB3)
筋肉や神経組織の活動に必要なエネルギーの産生を促します。

最大量とは国内小人基準値の最大量のことで

トンデケアにはほとんどの成分が最大量入っていることがわかります。

神経や筋肉の機能を保ち整えたり、血流を促進したり、

痛みを緩和する成分もたっぷり配合されているので

筋肉痛や神経痛に効果を発揮するんですね!

関節痛にも効くの?

関節痛の痛みってつらいものですよね。

椎間板や関節の軟骨は一度すり減ってしまうと

なかなか回復せず、痛みは継続するものなんです。

痛みを緩和するのは椎間板や軟骨そのものでなく、

周辺の筋肉を鍛えたり、血流を促進することが大事なんだそうです。
トンデケアを飲み薬なので部分的ではなく、

全身の神経痛や関節痛に効果的なんです。

トンデケアには筋肉や神経の機能に効果的な成分が

たっぷりなので関節痛によく効くんです!

公式サイトに載っている九重親方(元千代大海関)も

つらい関節痛に悩んでいたようですが

トンデケアで改善されたようですね。

トンデケアの副作用は?

医薬品ということで副作用が心配って方も

いらっしゃると思います。
トンデケアは第3類医薬品となり比較的副作用の

リスクが少ないものとされています。

第1類医薬品や第2類医薬品ほど副作用のリスクは

少ないですが、安全性上多少の注意が必要です。

副作用として次の症状が出る場合があります。

皮膚に発疹・発赤・かゆみ、吐き気や嘔吐・口内炎や

胃部不快感(軟便・下痢・便秘)などの症状が出た場合は

一旦服用を中止し、1ヶ月くらい服用しても症状が

よくならない場合は医師や薬剤師または

登録販売者にご相談するようにしてください。

万が一体に合わない場合もトンデケアは

定期コースでも回数の縛りがないので

安心して商品を試せるんです。

ペースによってお休みすることも

可能で消費者にとって嬉しいですよね!

>>関節痛に効く有効成分配合の医薬品「トンデケア」はコチラ

タイトルとURLをコピーしました